2006年11月28日

イルミネーションを楽しむコツ★寒さ対策編

冬場のイルミネーションは、クリスマスやバレンタインなどのコラボで
色々なイベントもあって、とても楽しいのですがひとつだけ問題点が・・・

寒い!!

あなどるなかれ、例えば沖縄だって真冬の夜ともなれば、半そででは寒いのです。

デートでイルミネーションを楽しむ方は、男性も女性ももちろんオシャレを
一番に考えると思いますが寒さ対策は、しっかりとしてください。
後々風邪をひいてしまっては、せっかくのデートが台無しになってしまいます。

寒さ対策のポイントをまとめてみました♪

1、一定の位置に10分以上とどまらず、ゆっくりでもいいから歩きながら見る

だいたいは通りにそってずーっとイルミネーションが点灯していたり
公園一周全部飾ってあったり・・・と結構広い範囲で見ることが出来ます。
ひとつの場所にとどまっていると、体が冷えてしまい
結局早めに撤収する事になったり、女性は体調を崩す原因にもなります。
ゆっくりでも良いので話したり、写真を撮ったりしなながら
少しずつ動いて見る事をお勧めします。
見る角度によっても輝きが違ったり、景色が全く違うように見えることも多いですよ♪

2、気温が5度を下回るときは、女性のスカート、ハイヒールはお勧めできません。

基本的に、イルミネーションを見物するというのは「夜、散歩に行く」というのと
同じ事だと考えてください。よりリラックスして楽しい時間を過ごすためには
無理してそこの高い靴やブーツを履くよりも、ウォーキングや軽いスポーツに
適した靴を履いたり、短いスカートよりは、足全体をおおってくれるパンツの方が
絶対に良いです。

仕事帰りに見に行く方も多いでしょう。
しかし、一般的なオフィスと外気温は最大で20度近く差があり
普通に外を出歩くよりも、暖かいところに長時間いた人が急に寒いところへ出る方が
体に毒ですし、風邪もひきやすくなってしまいます。

3、雨の日は、行くイルミネーションをよく考える

雨の日のイルミネーションは、足場も悪くあまりおススメできません。
ただし、気温がそんなに低くない場合、人出が少なくて穴場となる所もあると思います。
ショッピングモールのイルミネーションなど、近くに屋内の施設があって
雨あしが強くなったらすぐに避難できるスポットを選んだ方が賢明です。
湾岸地域や海の近くは、雨が降ると気温が下がり、風邪も強くなるので
オススメできません。
また、足元が滑りやすくなっていますので、履いていく靴もよく選びましょう。


4、マフラー・手袋・コートなど長時間外にいても大丈夫な支度をして行く。

12月から2月ともなればあたり前でしょうが、意外と11月や3月は
日中は暖かい日もあるので忘れがちです。
しかし、夜は気温がかなり下がりますから脱ぎ着、着脱しやすい防寒具を
忘れないようにしましょう


5、食事はイルミネーションを見てからにする。 

どうしてもお腹がすいている時は仕方ないですが、食事はイルミネーションを
楽しんだあとにとるのが理想的です。イルミネーションで目を保養して
ロマンチックな楽しい時間を過ごしたら、よく歩いて冷えた体を暖めるべく
おいしい食事を摂りましょう。
せっかくですから、近くでの外食をオススメします。
イルミネーションの開催地域周辺には、21時以降もオーダーできるレストランや
バーが結構あります。このブログにも随時そのあたりの情報も追加していきますので
参考になさってください。
「夜の少し特別なお散歩・イルミネーション見物」の締めくくりは
暖かいコーヒー紅茶や、軽いお酒などを飲むと
心も体もハッピーに帰宅できます。
くれぐれも盛り上がりすぎて、終電を逃しませんように・・・(笑)

posted by ☆Chii☆ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆お知らせ・注意事項☆ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。